5万円借りる今日中に実践したい方法を紹介します

MENU

5万円程度の少額借り入れなら消費者金融や銀行が◎

「どうしても今日中に5万円借りたい!」人生が長いこと生きていれば、そういう時って1回くらい出てくると思います。

 

そんな時、5万円程度だったら、消費者金融や銀行からお金を借り入れてしまうほうが『確実』

 

リサイクルショップなどによる買取りによる換金方法もありますが、【買取価格は常に変動】しているため、『確実性』がないのがデメリットです。

 

消費者金融や銀行からの借り入れは、高額になれば総量規制の問題もあるので工面するのが難しくなってきますが、少額であれば審査に通る可能性も高いので一番おススメです。

 

少額の借り入れは返済も楽ですし、何よりも初めての借り入れの場合は『1カ月無利息キャンペーン』を実施している消費者金融などを選べば無利息で借りることも可能です。

 

消費者金融や銀行の借り入れは【短期間で少額】であれば、賢く利用することができます。

 

消費者金融というと、怖いイメージがあるかもしれませんが、現在の消費者金融はほとんどが大手銀行の傘下ですので、闇金融のようなトラブルはありません。

 

ただし、消費者金融や銀行で借りる場合、多重債務者やこれまでクレジットカードなどの支払いで金融事故を起こしている人は、当然審査に受からなくなってきますので、リサイクルショップなどを利用した換金でお金を工面する方が良い場合もあります。

 

即日換金できる方法は多いけど・・・

お金の工面でカードローンやキャッング以外の方法となってくると、やはり真っ先に上がるのが『リサイクルショップ』や『ブランド品』の換金です。

 

確かに、買取りによる換金は、商品を持ち込んでその場ですぐにお金を貰えるので非常に便利とは言えます。

 

 

 

では、実際にどのような換金方法があるのかというと、代表的な例としては、【自宅の不用品、ブランド品、車、貴金属、金券】などが挙げられます。

 

不用品は一点一点の買取り価格が安いとしても、1キロ単位とかの【量】で買取りをしてくれることもありますので、単品としては買取価格があんまりつかない商品をまとめて売りたい時に便利です。

 

不用品回収は、リサイクルショップでは買い取ってくれない物も買い取ってくれるケースがありますので、「あまり金目の物は持っていない」という人にお勧めです。

 

そして、こうした買取の中で、一発の威力が大きいのはやはり『車』です。

 

他の買取りは1点1点の買取価格が微々たるものですが、車の場合はまとまったお金が手に入ります。

 

ただし、車の場合は、即日換金に対応していないケースが多いため、「今日中に5万円が欲しい!」という場合には難しいです。

 

手堅く売るのであれば、ブランド品や貴金属の換金が一番かもしれません。

 

リサイクルで5万円の用意は意外にハードルが高い!

ただし、【買取りによる換金】で確実に5万円を得られる保証はありません!

 

1点だけで5万円を超える買取価格がついた商品を持っている人は良いですが、中古の世界で1点5万円以上する商品というのは、実はすごく限られています。

 

 

 

そのため、それなりの高級品を売り飛ばすことになりますので、もともと高級品を持っていないことには、買取りによる換金で5万円を準備するのは非常に難しくなってしまいます。

 

売るものがない人にとっては、買取りによる換金での工面は難しいです。

 

その場合、やはり消費者金融や銀行からお金を借り入れる方が間違いありません。

 

買取りによる換金は1、2万円であれば自宅にある不用品を売ることで簡単に集められる可能性もありますが、5万円となってくると、かなりハードルが高いのです。

 

実際にお店に聞いてみるとわかりますが、物を売ってもそんなには買取価格は高くないので、『高額買取してもらえる商品を持っていない人』は、売っても売っても、なかなか5万円が集まりません。

 

特にブランド品でも洋服はかなり安くなる傾向がありますので、ファッションアイテムを売ってお金を工面しようと思うのであれば、やはりハイブランドのバッグやお財布が無難です。

 

 

危険な換金には手を出すな!

そして、お金に困っているからといって、簡単に手を出してはいけないの危険な換金が【クレジットカードの現金化】です。

 

これはバレタ時点で、クレジットカード会社の規約違反になり、利用停止になる可能性が高くなります。

 

 

クレジットカードの利用停止になりたくないのであれば、クレジットカードの現金化はやめましょう。

 

現在、クレジットカードによる現金化の問題が深刻化しており、クレジットカード会社の監視の目も厳しくなっています。

 

クレジットカードの現金化として、よく購入される商品というのは決まっており【ブランド品】【新幹線の回数券】【金券】【ゲーム機】が定番品です。

 

こうした商品をクレジットカードで不審な購入を続けていると、ある日突然利用停止になることがあります。

 

また、クレジットカードの現金化業者が、商品を購入させて、その代金の7割や6割をキャッシュバックするというケースもあります。

 

ただし、中には悪質な業者も存在し、キャッシュバックをすると言っていたのに、お金が戻ってこないというケースもあります。

 

クレジットカードの現金化はクレジットカード会社によって禁止されている項目なので、お金が戻ってこないトラブルに遭っても、クレジットカード会社に訴えることも出来ず、泣き寝入りするしか方法がない可能性もあります。

 

更新履歴