貴金属の買取りで大事な点を紹介します

MENU

金やダイヤが本命

貴金属の買取りの中でも、非常に買取価格が高いのは『金』と『ダイヤモンド』です。

 

買取価格が安定しているため、予想もしやすいです。

 

また、金もダイヤモンドもサイズによっては、それなりのまとまった金額になりますので、貴金属を多くもっている人だったら5万円くらいになる可能性が十分あります。

 

女性の場合は、貴金属が好きな人も多いので、やはりお金に困った時には、換金候補として有力です。

 

中には、ブランド品の洋服を売ったりする人も多いですが、洋服は買取になってしまうと、かなり値が落ちてしまう傾向が強いので、貴金属の方がやはりお金の工面では有効です。

 

金やダイヤモンドは、世界中で需要があるため、いつの時代になっても、買取りが安定しています。

 

買取りの世界では、需要がある商品の方が、やはり高い値がつきやすいのでこれから貴金属を買う時にも、万が一、お金に困った時に売れるようにしたいと考えるのであれば、金やダイヤモンドのアクセサリーが一番です。

 

ダイヤモンドもランクによって、かなり査定額が違ってきますが、やはり質が良くサイズが大きい物は、1点だけでも高値がつきます。

 

もう使わなくなってしまった婚約指輪や、太ってはめられなくなりサイズアウトしてしまった結婚指輪などがあるのであれば、お金に変えることも一つの手段です。

 

貴金属は持っているだけではもったいないので、箪笥の肥やしにしておくくらいだったら、買取りを利用して、早く換金することもおススメです。

 

故障をしていてもOK

しかし、貴金属のアクセサリーは、時に傷があったり壊れてしまったりしているケースもありますよね。

 

そんな時でも、大丈夫!

 

金の買取りの場合は、実は『傷があってもOK』なんです。

 

というのも、金は再生利用が可能な金属で、精錬して作る直せることができるので汚れていても、傷があっても何も問題はないのです。

 

金は純粋に、サイズや量によって買取価格が決まりますので、宝石が取れてしまった金のリングでも買い取って貰えるケースがほとんどです!

 

キズなどを気にしないで大丈夫です。

 

ただし、ダイヤモンドとなってくると、話は少し違ってきます。

 

ダイヤモンドのランクというのは、やはり『傷』があると質が落ちてしまうため、傷がない方が良いに決まっています。

 

ダイヤモンドは金のように精錬して再生利用することが難しいため、傷がついてしまった場合は、その部分を加工して再生することになります。

 

そのため、買取りの時には、傷のついたダイヤモンドは、傷の部分を加工した場合の『目減り』を見込んだ買取り価格になる可能性が高いです。

 

傷がついても、買取り自体は行っていますが、やはり傷がついた部分は引かれて計算されますので、多少値引きをされると覚悟しておきましょう。

 

宝石の場合は、ほとんどがこのような査定の方法になりますので、やはり金属とは違い、宝石は傷をつけないように保管しておくことが大事になってきます。

 

心配な場合は、売るかどうかは別として、店舗に直接持ち込み査定だけでもしてもらうと良いでしょう。

関連ページ

キャッシング
キャッシングで5万円を借りよう!
カードローン
カードローンで今日中にお金を借りてみる!
ブランド品買取
ブランド品買取で5万円を用意しよう!
車の買取り
車の買取りって今日中にお金が手に入るの?
不用品回収
不用品回収で5万円なんて工面できるの!?
金券の売買
金券の売買は王道!