金券の売買で気を付けて欲しいのはコレです

MENU

換金の王道

金券による換金は、昔から王道の手段です。

 

新幹線の回数券や、株主優待券などの数々の危険が存在します。

 

換金できる専門店も多く、即日にお金を準備できるため、人気があります。

 

ただし、金券の買取りは、お金になるためトラブルも非常に多いのが特徴

 

お金が欲しいあまり、バイト先などから金券を持ち去り、オークションなどで売りさばけば、当然になります。

 

現在、金券ショップでは、1万円程度の換金だったら、身分証明書は特に必要なく換金できますが、高額になった場合には、身分証明書を確認するお店がほとんどですので、あまりに何度も高額な金券などを持ち込むと、怪しまれます。

 

窃盗品の横流しの防止のために、古物営業法では身分証明書の確認を求めていますので、高額な金額になる場合は、必ず身分証明書をいつでも出せるような状態にしておきましょう。

 

お中元やお歳暮などで、百貨店のギフト券をもらったりしたけどあんまり使わないという時には、換金しても特に違法性はありませんので、そういう時には、思い切って換金してしまいましょう。

 

ただし、金券ショップでは換金をする時にはお店によって10%前後の『手数料』を取っていることが多いので、実際に換金してもらうと、かなり目減りをすることを覚悟しましょう。

 

実際には8〜7割程度で換金してもらえればよい方です。

 

額面通りにもらえるわけではないので、目減り分を考えて、売る物を用意しておかないと、希望額に届かない可能性があります。

 

最近はウェブマネーの換金も!

特に最近、注目をされているのがウェブマネーを利用した換金です。

 

ネットやスマホの普及によって課金をする人が多くなり、ウェブマネーの利用者も拡大しています。

 

そしてそれによって、現在はウェブマネーを換金できる業者さんも増えてきており、簡単にお金を手にすることができるようになってきました。

 

しかし、クレジットカードの利用枠を利用した悪質な換金も増えていることから、現在はウェブマネーの購入に制限がつくケースも増えてきました。

 

また、ウェブマネーの換金自体も、トラブルが多く、最初は9割で換金してくれるという話だったのに、申し込みをした後に、色々な手数料が引かれて、結局は7割での換金になったり、詐欺のような手口も横行しています。

 

そのため、ウェブマネーによる換金は、犯罪に巻込まれる可能性もあり、決して安全とは言えない状況です。

 

ウェブマネーの転売による換金は、ウェブマネーを換金目的で購入している場合は、当然違法になりますので、処罰の対象になる可能性が出てきます。

 

安全にお金を工面したいのであれば、ウェブマネーの換金はあまりおススメできません。

 

特にクレジットカードは、怪しい購入の使い方をしていると、サービスが急に停止されることもありますので、ウェブマネーの換金によってクレジットカード会社が怪しまれてしまうと、肝心な時にクレジットカードが使えなくなってしまう可能性が出てきますので要注意です。

 

換金方法はよく考えましょう。

 

関連ページ

キャッシング
キャッシングで5万円を借りよう!
カードローン
カードローンで今日中にお金を借りてみる!
ブランド品買取
ブランド品買取で5万円を用意しよう!
車の買取り
車の買取りって今日中にお金が手に入るの?
貴金属の買取り
貴金属の買取りって壊れてても大丈夫?!
不用品回収
不用品回収で5万円なんて工面できるの!?