カードローンでお金を工面します

MENU

金利が安くて返済も安心!

銀行のカードローンは、年収が300万円未満の人には審査のハードルが高いですが、その条件をクリアしている人だったら5万円くらいの借り入れであれば、十分審査に通る可能性があります。

 

キャッシングと同様に、カードローンの審査では、やはり『他社での滞納』や『多重債務』をチェックされます。

 

そのため、これまで返済癖があったり、多すぎる借金がある人は、新規での申し込みが当然厳しくなります。

 

しかし、銀行のカードローンは、やはり何といっても、金利が安くて魅力です!

 

借りたものは返さないといけないので、出来るだけ金利は安い方が良いですよね。

 

消費者金融よりも、断然低金利で、おまけに大手の銀行なので、闇金のような怖い取り立てもないので安心感があります。

 

ただし、銀行のカードローンは、多くの場合年収が200万円〜300万円以上の人を対象にしていますので、年収が低いアルバイトなどの非正規の人にとっては審査が難しく、なかなか通らないという悩みもよく聞きます。

 

また、銀行も消費者金融も、一部自営には厳しい会社などもありますので、自営の人は、出来るだけ口コミを参考にして、自営でも審査が通っている銀行や消費者金融を選ぶようにしましょう。

 

自営の場合は、サラリーマンと同じような年収だとしても、やはり収入がいつ途切れるかわからないリスクがありますので、やはりサラリーマンと全く同じように審査されるわけではありません。

 

自営は借り入れではイマイチ信用がないので、年収だけは判断できません

銀行カードローンは総量規制の対象外

そして、銀行カードローンの最も魅力的な面は、やはり総量規制の対象外という点ではないでしょうか。

 

銀行は銀行法の元にあるため、貸金業法の総量規制の対象外となります。

 

そのため、銀行は消費者金融よりも柔軟な貸し付けが行えます。

 

5万円程度の貸し付けであれば、消費者金融でも銀行でも、どっちも大差はありません。

 

しかし、これが50万円や100万円の貸し付けになってくると、消費者金融と銀行では手続きがちょっと違ってきます。

 

というのも、消費者金融は1社50万円以上で収入証明が必要になりますが、銀行法の場合は100万円〜200万円以上の融資でない限り、収入証明は不要となっているのです。

 

つまり、高額の借り入れになるほど、消費者金融は早々に収入証明書が必要になるのに対し、銀行はかなり大きなお金を借りない限りは収入証明書が不要なのです。

 

カードローンの審査などでは、やはり提出書類が少ない方が便利なので、銀行の方が大金を借りるにしても、非常に便利です。

 

消費者金融には闇金のイメージと重ねている人も多いので、大手の銀行から借り入れをする方が安心感がある人もいますし、実際に取り立てなんかもありません。

 

ただし、銀行とはいえ、滞納が何か月も続けば、電話やハガキによる連絡がくるのは当たり前ですので、返済はしっかりする必要があります。

 

また、最近は口座を持っていれば、身分証明書の提出なしにカードローンの審査を進めてくれる銀行もあります。

 

 

 

関連ページ

キャッシング
キャッシングで5万円を借りよう!
ブランド品買取
ブランド品買取で5万円を用意しよう!
車の買取り
車の買取りって今日中にお金が手に入るの?
貴金属の買取り
貴金属の買取りって壊れてても大丈夫?!
不用品回収
不用品回収で5万円なんて工面できるの!?
金券の売買
金券の売買は王道!